So-net無料ブログ作成
検索選択


【2014年 楽天年間ランキング】今年楽天市場で最も売れた商品は何?

ペルセウス座流星群 [日記]


今夜は、星空を眺めてみるといいかも?

12日から13日にかけての夜は、

「 ペルセウス座流星群 」 が見頃に!!

日本時間では、8月13日4時頃が、極大を迎えるとのこと。
最も多いときには、1時間当たり35個程度の流星を見ることができるんだそうです。

2分に1個程度の流れ星となると、結構、頻繁。
それなら、きっと待ちくたびれてしまうこともなく、
きっと夏休みの子供たちでも、夜更しして楽しめることでしょう。

たまには、家族で天体観測! イイかもしれませんね。 (*^^)

見方は、北東の空に、まずカシオペアを見つけると、
その近く(多分ちょっと下当たり)に「ペルセウス座」を見つけられます。
あとは、そこを見つめて待つだけ。肉眼での観察でOK。

月が明るいときには、
月がなるべく視界に入らない方向を向いて観察すると
流星に気がつきやすくなるそうです。

ちなみに、ペルセウス座流星群の全活動期間は、
7月17日頃から8月24日頃まで続くんだそうです。
そして、比較的活発な状態になると言われるのが、
8月7日頃から15日頃まで。
なので、12日夜から13日にかけてが、最大になると言われていますが、
翌日の夜、13日夜から14日にかけても、見頃と言えるのかもしれません。

夜の空の状態、月明かりや雲によって、
星が見にくい場合には、翌日夜など再度トライしてみるといいでしょう!

「流れ星」
やっぱり、見れるとなんだか「ラッキー」って思えます。
願い事、用意して、星空観察。

「ペルセウス座流星群」の夜空を見上げてみて! (*^^)v



共通テーマ:趣味・カルチャー





容量10GB、月額129円、高性能なサーバが日本最大級のバックボーンに直結。
さくらのレンタルサーバ